引き継ぐ、残す、実現する 平和学習を支える会

引き継ぐ、残す、実現する 平和学習を支える会

「平和学習」をサポートします

戦後70年近く経ち、戦争体験を持たない人が人口の4分の3を占めるようになり、あの惨禍も遠い時代のことになりつつあります。
私たち「平和学習を支える会」は、学校や職場、地域などにおける反戦・平和のための学習会や講演会を様々な面から応援します。
戦争体験者、空襲や沖縄戦などを取材しているジャーナリストを平和学習などの講師として紹介するほか、空襲体験者の証言DVDの上映会など、企画段階からお手伝いします。
「この国は再び戦前に戻りつつあるのではないか」。そんな声が戦争体験者から聞かれるようになってきました。
かつての戦争を知ることは、これからの未来をどう生きるかについて考えることでもあるのです。

平和の原点は命を大切にすること。誰もが生まれてきて良かったと思える真の人権社会を実現するために、戦争体験者の苦しみや悲しみに思いを寄せ、想像力と感受性を育むことが、今を生きる私たちやこれからの子どもたちに求められています。

引き継ぐ

戦後世代が戦争の体験を継承し、次の世代へ引き継ぐこと。
講演を通じて、児童・生徒・学生たちに戦争の実相を学んでもらい、どうすれば平和な世の中を築くことができるのかを考えてもらいます。

残 す

戦争体験者の「記憶」を「記録」として残すこと。
講演料の一部を積み立て、戦争体験者の証言DVDを制作します。

実現する

誰もが生まれてきてよかったと思える真の人権社会を実現すること。

平和学習以外にも、人権問題、沖縄の問題や原発の問題、東日本大震災の実情など、さまざまなテーマにお応えします。
お気軽にご相談ください。


連絡・お問合わせ先◆平和学習を支える会
〒530-0012 大阪市北区芝田2-4-2 牛丸ビル3F 新聞うずみ火気付
☎06-6375-5561 FAX06-6292-8821 Email uzumibi@lake.ocn.ne.jp